読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的生活/田辺 聖子/講談社文庫

いつもとちがう、天啓みたいな閃き。
 剛は今までほんとに仕事だったのかしら、女と一緒にいて、その余韻がまだ指先や躰に揺曳していて、私に向うときに、不用意に出たのとちがうのかなあ、って。
 これは書いたり言ったりすると長いけど、一瞬のあいだに、ぱっぱっと考えたのである。

 

 そうだ、幸福という言葉を忘れてた。
 私は、剛と食欲に充たされた生活を、「贅沢」と表現するけれど、「幸福」と呼んだことはないのだった。

 

私的生活 (講談社文庫)

私的生活 (講談社文庫)